ドーハ経由ダマスカス

Around the 中東、A piece of 中東 ②

 

カイロ経由でダマスカスに入る予定だった。
デモの映像の合間に、エジプト航空が飛ばないとニュースが告げても、
口では、本当に私行くのかな、などとつぶやきながら、
心の中では、私はきっと行くだろう、行けるだろうと、思っていた。

旅に出るタイミングは、ときに唐突に訪れる。
唐突なのに障害もなく、するすると気持ちが動き、あっという間に行くことに決まる。
気がつくと、自分の足元からまっすぐ目的地まで続く一本の道が、
開けているのである。
今回のシリア・ヨルダンは、まさにそんな旅だった。

エジプト航空からカタール航空に変更となり、ドーハ経由でツアーが催行となった。
シリアにもヨルダンにもデモは波及しているとのニュース。
詳細はわからないが、エジプトほど大規模なものではないようだし、
そもそも見て廻るのは都市部から離れた遺跡がほとんどだ。
移動も観光バスだし、ダマスカスには日本人の駐在員もいる。
現地ツアーオペレーターの判断で支障なしということであれば、
問題はないだろうと、私はまったくのんきに構えていた。

が、友人は少し違った。
本当に行くのか!? と心配げで、少々あきれ気味でもあった。
中東という地域と、その中東での政治デモというものが、
非常に不穏なイメージで彼女の中に定着しているのは想像できた。

私は、テロよりデモのほうがよほどいいではないか、 と答えた。
テロは無差別に、あるいは欧米観光客がターゲットになったりもするが、
デモの向かう対象は、私たちではない。
私はデモにシンパシーを感じていた。
このタイミングで行くことになったのも何かの巡り合わせで、
意味のあることとすら思っていた。

エジプトのデモは、政府によるデモ隊への襲撃で緊張が高まったけれど、
軍の慎重な動きによって、ムバラク退陣で収束した。
自爆テロなどではなく、平和的なデモでこそ社会が変るというモデルを、
エジプトに示してほしいと願っていた。
このモデルが、テロの抑止力ともなるだろうと。

連日報道されるエジプトのデモの映像で、気づいたたことがあった。
女性の姿の多さである。
欧米キャスターの取材にも、臆することなく応じている。
エジプトがそれだけ世俗化されているということだろうか、
ベールもかぶらず、身体も覆っていない女性も多い。

イスラム社会で違和感を感じることのひとつに、
女性たちの全身を覆う服装がある。
(女性にあっては)髪の毛すら性的な挑発であるとする、
イスラムの教えのためである。
けれども、これをもって女性の自由を抑圧している、という西欧の見方には、
少し違和感も感じる。
エジプトのように、隠すも曝すも、いずれも女性の選択である国にあってはなお。

(ヨーロッパの公共の場でのベールやブルカの禁止は、
アラブ系移民に対する、聖俗の分離に従え、という理屈の、
象徴的な意味合いを持たされてしまった。
イスラムは宗教というだけではなく、
俗の習慣やメンタリティーを規定するものである、ということが、
彼らには理解できないようだ。
それとも、ことは実は別のところにあるのか?
が、この力ずくの要請は、
けっして彼らが望むような結果をもたらなさいと、私は思う。)

今回私は、ダマスカスのイスラム寺院、ウマイヤドモスクを見学した。
モスクでは外国人女性は、貸し出される灰色のフード付マントをまとう。
ゲゲゲの鬼太郎のねずみ男みたいな姿である。
これが、まとってしまうと別にどうということもない。
女性どうしの服装チェックも入らないし、
露出する肌への男性の視線を意識することもない(もうずっとないけど)。
私などすっかりなじんでしまい、マントを返さず(まとっているのを忘れていたのだ) 、
そのまま外に出ようとしてあきれられた。

確かにイスラムには女性差別があるだろう。
だが女性差別は、キリスト教にも仏教にもある。
(いまだ)西欧にもアジアにもアフリカにもある。
ハーレムには、女同士の結束・連帯もあるという。
どこであれ自らの言葉をかたり、
信じる行動をなす女性の姿は、 世界共通のものだ。
アラブ社会にもそれはしっかりとあるのだということを、確認しておこう。
(『リビアの小さな赤い実』の母のように。)

そう言えば出発の前、カタール入国のビザについて調べていて、
政府系のサイトに行き着いた。
その英語ページの、 wives という単語が目にとまった。
これまでワイフを複数で使うことがなかったからだろう。

これについて、ダマスカス駐在員が語ってくれた。
シリアでは、近年、複数の妻を持つ男性はほとんどいないそうである。
経済的な問題もあるが、
全てが契約であるイスラムにあっては、
結婚にあたっての契約書に、この件もしっかりと明記される。
今ではそこに、複数の妻は持たない、
他に好きな人が出来た場合は離婚してから再婚する、
というような条項が、あたりまえのことと言う。

さて、エジプトのデモ取材で、
素顔も、髪の毛もさらしなが一人の女性が語った言葉。

「私は36歳です。この歳になるまで、
一度も選挙にいったことがありませんでした。
それだけ、無力感が大きかったのです。
そのことを、今は恥ずかしく思っています。
これからは、選挙に行きます」

希望に溢れた真摯な言葉がまぶしかった。

 

【参考】

中東情勢のメモはこちらにもアップしています。

4 Comments

  1. エジプトのデモはシリア・ヨルダンにも波及してたの?
    今更何をと言われそうだけど それは聞いていなかった。
    (==;)ニュースを良く聞いてないな アタシ。
    ニュースを見ていて「民主化運動が各地へ拡がっている」とは言ってたけど シナイ半島もイスラエルも越えてシリア・ヨルダンまで動乱エリアなのね。それを聞いてたらもっとヴァイちゃんを心配してただろうなあ・・
    でも じゃあネット規制する訳だ。 
    アタシは飛び火的デモ行動が「起きないように」という予防措置だと思ってたけど もうガンガンの対処措置だわ。
    しかし こういうことがあると 本当に地中海沿岸って1つの世界なんだなあ‥と改めて思うね。日本は島国なせいもあるだろうけどけど 例えば韓国のデモ活動が日本に飛び火することはちょっと考えにくいもの。まあ 国情も違うけど。
    >けれども、これをもって女性の自由を抑圧している、という西欧の見方には、
    少し違和感も感じる。
    そうね・・。 
    女性が抑圧されていないと言えば やっぱりそうじゃないと思うけど 西欧の見方は(これはもう歴史的にずーっとそうだと思うけど)異文化に合うと どこまでも自分達の見識を通そうとする。
    それは倣岸で不遜だと思うし 自分こそ他者の自由を認めてないじゃんソレ とも思うよ。
    西欧的な感覚だと「イスラム=狂信的」なイメージがあるけど 事実を拾えば 人頭税を徴収して他宗教を許容したのはイスラムで 十字軍という侵略をした西欧の方が狂信的だろ?ってことはもう 山ほどあるね。 
    アラビアやエジプトは なまじ西欧と隣接しているばかりに(そして近年では石油が採れたばかりに)西欧の身勝手さをどんだけ受けてきたかね。
    でもやっぱり エジプトもアラブも もっと民主化した方がいいんじゃないかなあとは思わずにいられない部分はあるけどね。
    >・・これからは、選挙に行きます」
    >希望に溢れた真摯な言葉がまぶしかった。
    かつて 日本にも婦人の権利拡大の為に行動した女達がいたように あの国にもそういう活動が起こっていくのかな。
    ネットという新しいメディアが そういう活動をどう支えたり 妨害したりするのかな。これはもう歴史上初めてのことだから しっかり見ておきたいもんです。

  2. ボニちゃん、
    >エジプトのデモはシリア・ヨルダンにも波及してたの?
    今更何をと言われそうだけど それは聞いていなかった。
    これはね、扱いとしてはとっても小さかったです。
    私だって、自分が行くところだから、この二カ国の文字に反応したけど、
    そうでなければ見過ごしていたかもしれない。
    (あと、ネットでも検索してるし)
    >しかし こういうことがあると 本当に地中海沿岸って1つの世界なんだなあ‥と改めて思うね。
    うん、ほんとそう。
    歴史的な国の成り立ちと現状(王政とか軍事独裁とか、体制は違っても)に、
    共通の問題があるしね。
    それから同じイスラムってこともある。
    言葉も同じだし。
    >西欧の見方は(これはもう歴史的にずーっとそうだと思うけど)異文化に合うと どこまでも自分達の見識を通そうとする。
    これだよね。
    「西欧の見方」には優れているところも多いし、
    近・現代を引っ張ってきたのは確かに西欧だった。
    だけどその価値観を絶対的にグローバルに押し付けることには、限界がある。
    今、これが大きな規模で顕在化しつつあると私は思っているんだ。
    だってイスラム人口は16億人だよ。
    イスラム国の人口増加をみても、
    数的な勢いはイスラムにある。
    >でもやっぱり エジプトもアラブも もっと民主化した方がいいんじゃないかなあとは思わずにいられない部分はあるけどね。
    うん、同感。
    そうして、民主化したときに、彼らがイスラム色の強い国づくりを進めるとしたら、
    これまで、あるいは今、民主化を応援している、
    反イスラム、嫌イスラムの人たちはそれをどう認めるのか。
    今のヨーロッパでは、移民政策(の失敗?)と、
    自国の低迷する経済とがよりあわさって、
    そのしわ寄せが移民に向かい、
    そのことが移民たちのイスラム回帰を加速させているらしいです。
    そして、彼ら、特に移民二世・三世たち(多くの国籍は生まれたヨーロッパの国)が、
    行き場のない怒りを溜めていくと、彼らは原理化、かつ過激化する。
    この図式では、ヨーロッパがイスラムを追い詰め、
    原理化&過激化を招いているように見える。
    (原理化=過激化ではないけれど)
    ベルギーやフランスの、公共の場での女性のベール禁止は、
    この図式を加速化こそすれ、抑えることはできないんじゃないのかな。
    ヨーロッパとイスラムは、十字軍で戦ったわけだけれど、
    それ以前、共存繁栄していた時代や地域もあった。
    ああ、ここらへんはちゃんと記事で書きたいことだ・・・。
    >かつて 日本にも婦人の権利拡大の為に行動した女達がいたように あの国にもそういう活動が起こっていくのかな。
    よくわからないけれど、平等とか自由とか言い出すと、
    これはついてまわるんじゃないだろうか。
    エジプトのデモで、アメリカ人女性記者がレイプされた事件に抗議する集会も、
    カイロで呼びかけられた、という記事をネットで読んだよ。
    そのことに対して、
    自国の女性に対するセクハラをまず取り上げるべきだ、
    という意見もでてるらしいし。
    これらにイスラムがどうからんでくるのか、
    私もこのあたりをしっかり見ていきたいものだわ。
    そのためにも、ネットもだけどこれまでのメディアも、
    こういうことも含めて、しっかり取材・報道して欲しいよね。
    しかし、こういうのって、氷山の一角というのがずっとあって、
    それでやっと明るみに出るものなんだなあと、
    この記事を読んで思ったわ。
    http://jp.wsj.com/US/Economy/node_187417

  3. 中東情勢がTVで語られてるのでまた来ちゃった。
    >だってイスラム人口は16億人だよ。
    >イスラム国の人口増加をみても、数的な勢いはイスラムにある。
    天の采配か何か知らないけど この状況って すごいよねぇ。
    西欧は 自分達の文明や武力や思想で 世界を変えていったわけじゃない。そうやって世界の覇権を取ってきた。
    それに飲み込まれていったようにも見えた 西欧以外の者達。 
    地域で言えばアジアだとか 宗教で言えばイスラムなどがさ 「ただただ増え続けた」ことで バランスを逆転する力をつけてきたなんて 面白がっちゃいけないけど可笑しい。
    西欧が世界に広めていった民主主義の根幹には 大多数の幸福の優先があって それを啓蒙して行った西欧は 今や数におけるマイノリティーになっている。
    「この世に増えよ」っていうキリスト教の言葉があったと記憶しているけど 増えたのはイスラムだった。・・まあキリスト教もユダヤ教もイスラム教も 旧約聖書までは一緒なんだからイスラムの人達は真面目に増えたってことになるのかなあ・
    で ララ・ローガン記者の話。 
    個人的には この問題が変な進展をしないといいと願います。 これは「イスラム社会の」問題ではないと思うから。
    彼女の告発は 劣悪な取材環境を報道するもので 改めてそういう現場へ踏み込んでゆくメディア人の勇気と使命感を尊敬するけど。でも これはさ。 戦場カメラマンが 自分が戦場でさらされた暴力や理不尽な行為を伝えることと同種だよね。 
    現場は動乱の最中で 個人の身の安全や公序良俗を保証するものなど一切ない状況。 そこへ踏み込むメディア人は (生命や貞操の安全はもちろん守られるべきものだけど) それを危機にさらしても伝えたい 告発すべき事があったんだよね。
    今回の事件は あまりに酷いという告発だと思う。こういう告発がなければメディア人の取材環境は向上しないよね。 でもローガン氏は 暴徒の乱暴を告発する為に取材に入った訳じゃないのに センセーショナルな要素の故に 事が暴走している感があってそれが怖いと思いますデス。

  4. あ、ボニちゃん、おかえり(おつきあい嬉しいわ)。
    >地域で言えばアジアだとか 宗教で言えばイスラムなどがさ 「ただただ増え続けた」ことで バランスを逆転する力をつけてきたなんて 面白がっちゃいけないけど可笑しい。
    >西欧が世界に広めていった民主主義の根幹には 大多数の幸福の優先があって それを啓蒙して行った西欧は 今や数におけるマイノリティーになっている。
    ほんとだよねぇ。
    ヨーロッパの移民排斥の本音には、そういう恐怖もあるような気が、
    しないではない。
    でも考えてみたら、ヨーロッパが世界の覇権をにぎったのは、
    たかだか産業革命以後のはなし。
    まあ、数だけが力を決定するわけではないにしても、
    紀元前3500年とか3000年(中東に起こったメソポタミアとエジプト文明)からの
    文明や国家の盛衰なんてのを読んでると、
    直近の数百年がずいぶんえらそうにしてるけど、
    おまえさん、歴史を見なはれ、
    おごれるナントカ久しからずでっせ、とふと思ったりもする。
    >・・まあキリスト教もユダヤ教もイスラム教も 旧約聖書までは一緒なんだからイスラムの人達は真面目に増えたってことになるのかなあ・
    あはは、「真面目に増えた」がおかしいね。
    でもこれなんだけど、
    西欧社会だけが(あ、日本もだ)、世俗のことがらを宗教から切り離した、
    ってことじゃないのかなぁ。
    でもその「個人の(産む)自由」の結果がこういうことなら、
    そこには深~いものがあるよね。
    >で ララ・ローガン記者の話。 
    個人的には この問題が変な進展をしないといいと願います。 これは「イスラム社会の」問題ではないと思うから。
    うん、同感です。
    これを鬼の首を取ったみたいに言うのは、問題のすりかえだと思う。
    「イスラムの女性差別」に関しては、別の文脈で語られるべきだと。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*