• 色・褪せない
    私の記憶の中で、色褪せずに輝いている官能描写やヒロインたちをご紹介します。 あまり最近の作品は出てきませんが、彼女たちを(今でも)新鮮だと感じてもらえたら、嬉しいです。選択の偏向は「私家版」ということでお許しを・・・。
  • ダンシング・イン・ザ・クローゼット
    マイケル・ジャクソンの 「Liberian Girl」 と 「In the Closet」 に触発されて出来たストーリーです。 ノン・フィクションの部分も取り入れていますが、あくまでフィクションです。【8話 完結】
  • クラブ・ジェイン 
    女子大生リョウの前に、友人のデリヘル嬢が一人の男を連れてきた。秘密のデートクラブの経営者ジェイン。鋭く、自信に溢れ、深い陰影をまとった男は、亡くなった兄を思わせた。 ある日彼は、『君をスカウトしたい』とリョウに告げる。【25話完結】
  • ラ・マスケラ ―仮面―
    パク・ナムジンが映画撮影のために訪れたのは、霧が流れるヴェネツィア。監督として、俳優として、託されたシナリオの謎を追ううちに、秘められた男と女の 過去にたどりつく。迷宮都市、祝祭、仮面、錯綜する時間に道を失い、燃え上がる情熱…。真実を覆う霧は、果たして晴れるのか…。【27話 完結】
  • 短編
    短編、数は少ないですが…
    クラブ・ジェイン 番外編
  • 評論・その他
    あれこれ思うことや感じたこと、などなど・・・
    2011年 中東が歴史的な変動を迎えつつある2月、初めて中東の国、 シリアとヨルダンを訪れた。
    そのときに考えたこと、その後の中東世界への旅の様子など。
  • 友人が戯れに書いた『ポルノ』に触発され、私もチャレンジ。おかげで、女性のための”上質”な『ポルノ』は実に難しい! ということがよ~くわかりました。まだまだ修行(?)が足りないわ…。【5話完結】
  • ある晴れた日に、永遠が見える…
    夏のフィレンツェに残っているのは、観光客を除けばよほどの仕事人間 か、バカンスに行けない人たち。あとはへそまがりのカナと、赴任前に早々と大学にやってきた気まぐれなジャヌ。二人の出会いとその後に続く日々は、行き違 いとある悲劇に阻まれる。乾いた空気と強烈な陽射しの下、カナが負わされた深く暗い心の傷を、ジャヌは引き受けることが出来るのか・・・【20話完結】
  • 海と月とトラベラー
    ベトナム、海に影を落とす月、ある夜は銀に光り、別のときは湿気を含んだ空気に赤く滲む…。 熱帯の夜に、豊かな芳香を放つ官能を描いた中篇。【8話完結】
  • 石の記憶
    「再生-イタリア紀行-」の続編だが、同時にこの物語は、1700年 の時空を超えて語られる、前「再生・・・」でもある。紀元三世紀の古代ローマ、繁栄と平和の時代が終わり、争いと混乱の足音が遠く聞こえ始めた頃、人間の 欲望が渦巻く政治と祭祀の場を、鮮やかに駆け抜けた男と女がいた。石に刻まれた恋人たちの記憶が、今、遺跡の光りと影の狭間に立ち上がる。【23話完結】
  • 再生-イタリア紀行 with J
    ジェイとケイは同じ飛行機に乗り合わせただけの、見知らぬ客に過ぎな かった。だからミラノ上空が天候不順でなければ、ジェノバの空港で言葉を交わし、同じタクシーに乗り込むことも、港のオレンジの灯を一緒に眺めることも、 なかっただろう。ましてローマまで旅をともにすることも…。【18話完結】
  • 創作メモ&感想
    何故この物語を書き始めたのか、作品に込める思い、そんな作者の創作メモコーナーです。作品ごとの感想も、是非こちらにお願いいたします。