Arrivederici 再見 Massalam Ciao のお知らせ

現住所:Provai Vaivie
連絡用リンク:コンタクトフォーム

かなり前から思っていたのですが、
このたびDal0044から旅立つ運びとなりました。

ご存じのとおり、まったくこちらに顔を出せない状態になってから、
ずいぶん時間がたっています。
「恋愛小説が読めないし書けないよ~」というあたりが始まりで、
3.11あたりがそろそろかなあ、だったのに、
Dalのゆるゆる体質に甘えたまま、ずるずる来てしまいました。

こんな状態でこの先も行けないこともありません。
でも歳と共に、得意の低空飛行にもけっこうなエネルギーが必要になってきて、
ちょうどプライベートで転換点となることが重なったこともあり、
もろもろの人生のダウンサイジングの一つとして、
Dalでも区切りをつけることにしたのです。

といっても個別のつながりや関係が切れるわけではありません。
もともとグループ行動が苦手な身勝手者だったので、
実態はほとんど変わらず、です。

部屋はそのまま残しときゃいいじゃん、
連絡先や安否の辿れるリンクも置いとけよ、
と皆も言ってくれているので、これまでの創作や投稿はそのままで、
さらに部屋のドア周りに転居お知らせの張り紙とか、
サイドメニュートップに、現住所リンクボタン(Provai Vaivie
並びに 連絡用リンク(コンタクトフォーム)を設置しました。

どうしてるかなあアイツ、というときにはこちらから辿っていただければ幸いです。

タイトルに三ケ国の別れの言葉を並べてみたら、
イタリア語のArrivederci(アリベデルチ)と中国語の再見が、
元々の意味合いが全く同じことに気が付きました。

アラビア語では Massalam (マッサラーマ)
salam (平和)という意味が込められています。

私はイタリア語の 軽~い Ciao が好きなんだけれど
(やあ、じゃあまた、といった感じで、会った時も別れる時もこれ一つ)。
モロッコでは、同じようなニュアンスで単独に Salam が使われていました。

ということで、大好きなこの歌をごあいさつ代わりに。

 

今年の夏はとりわけ Salam が沁みます。

ではでは、みなみなさま。
長い間楽しい時間をありがとう。
色々お付き合いいただきありがとう。

Salam !

8 Comments

  1. Ciao~!

    vaiさんが旅立つと言っても、上にvaiさん自身が表明しているような感じなので、表面上はあんまり変わりがないはずです。
    しかも今日までこのサイトのメンテナンスを一手に引き受けてくれて、
    難しいことへの対応も、手取り足取りのレクチャーもしてくれてたvaiさんです。
    これからも多分私は時々、「どうしてる?元気?」と言いながら、
    おんぶおばけのようにおぶさっていきそうな気がしてるのだけど、どうしましょう。

    そして教えてもらったことを律儀そうにメモしながら、
    しばらくたったら、その自分のとったメモの意味がわからず、
    また「ねえ、元気? あのさぁ~~」と、初めてのように同じことを尋ね、
    「ところでね・・・」と話し込んだりできれば幸せだなあと、
    あらためて思っているところです。
    これは未練?
    あぁ、これだからなかなか旅立てなかったと言われたら、
    ほんとそのとおり( ̄ー ̄;)

    vaiさんという人に出会ったのは、
    今となってはもうすぐ閉じようとしているブロコリという場所でした。
    ちょうど10年前でした。
    ものすごい衝撃的な出会いで、
    恋の始まりのようなときめきがありました(*^m^*)

    あぁ、ほんとに人生っておもしろいなあ。
    そしてネットってすごいなあ~
    離れた場所に生きていて、今日まで全く知らなかった人同士が繋がっていく。
    おもしろかったなぁ~~

    vaiさんと話しているうちに、どんどん自分の中から知らない自分が出て来るようで、
    それはそれはめくるめく発見でした。
    ありがとうね!!

    これからも、世界を飛び回りながら発信し続け、私を刺激し続けてくれる人の足跡を追いながら、
    いっしょに旅してる気分でいさせてもらうね!
    んで、また一緒においしいワインを!!

    Ciao!
    Ciao!! 
    Ciao!!! 

  2. Vaiさん すっかりご無沙汰しております。
    Dalを旅立たれるとのスレ、びっくりしながらも「あ~そうなのか!」と。  私の中では、Vaiさん=自由人 です^^

    Vaiさんに初めて恐る恐るレスをいれたのは、須賀敦子さんに関する
    文章を読んだ時でした。
    それまであまりの博学と世界を飛び回っていらっしゃるご様子に、
    憧れと畏敬の眼で「こんな方がいらっしゃるんだ・・・」と見ておりましたので、ネット上でもお話できるなんて夢のようでした。

    須賀さんの作品を推薦して頂きご親切なメールも頂いて
    もうルンルンでした^^
    沢山の珍しい画像をネット上で見せて頂き、自分も旅をしたような気持ち
    になれたり、いつかこの国を訪ねてみたいと思ったり・・・。
    特にイタリアのクリスマスの画像は大好きでした。
    つたないレスにお返事くださるのがとても嬉しかったです。
    (と言っても、あまりレスもできずすみません・・)

    作品はそのままに置いてくださるのですね^^
    どこでご活躍中かも辿れるのが嬉しいです。

    広~い世界を見せてくださって、
    たくさんの知識を教えてくださって、本当に有難うございました。
    これからもどうぞお元気でご活躍ください。

    時々辿っては、応援の拍手を送っております^^

  3. シータちゃん、

    >また「ねえ、元気? あのさぁ~~」と、初めてのように同じことを尋ね、
    「ところでね・・・」と話し込んだりできれば幸せだなあと、

    もちろん、なにか手伝えることがあったら遠慮なく言ってね。
    ということで、気軽に(それを口実にでも)連絡もらえたら私も幸せです。

    >vaiさんという人に出会ったのは、
    今となってはもうすぐ閉じようとしているブロコリという場所でした。
    ちょうど10年前でした。
    ものすごい衝撃的な出会いで、

    もう10年も前のことか…。
    でも私も、すごく鮮明に覚えているよ。

    あの時しーたちゃんが発したつぶやきは、二次創作が与えてくれる個的に切実な意味あいに、正面から触れたものだった。
    ヒステリックな拒否反応も上がる中、しーたちゃんの切実さと正直さを擁護し、応援したい気持ちでいっぱいでした。

    しかしあの時、あの出会いからここまで来るとは思いもしなかったよな、と、本当に感慨深いものがあります。
    ありがとうと、私も言いたい。
    あれから始まって今まで、いくつもの得難い出会いと時間が持てたことに。
    それから、ブロコリでの創作やDalでの投稿に入れてくれた、超あったかいコメントに対しても、
    本当にありがとう。いつも随分励まされていました。

    >これからも、世界を飛び回りながら発信し続け、私を刺激し続けてくれる人の足跡を追いながら、
    いっしょに旅してる気分でいさせてもらうね!
    んで、また一緒においしいワインを!!

    いつまで旅ができるのか、どこまで発信し続けられるかは分からないけれど、私が何かを書いたり言ったりするとき、いつもDalの皆の顔が頭にあるのは変わらないと思う。だからときどき「どうしてるかな」と思い出してもらえたら、それは本当に嬉しいことです。

    ちなみに、ワインはいつでもOK!!

    では、チャオチャチャオ…(と私も、電話を切る時のイタリア人みたいに)。

  4. hiro305さん、

    コメントありがとうございます。

    >Vaiさんに初めて恐る恐るレスをいれたのは、須賀敦子さんに関する
    文章を読んだ時でした。

    そうでした。あのときはありがとうございます。
    須賀敦子という、ファンも多いけれどとてもコアな作家に、
    トリエステという、イタリアといってもマイナーな街をからめたずいぶんマニアックな話に、
    あのように反応していただいてとても嬉しかったことを覚えています。

    >沢山の珍しい画像をネット上で見せて頂き、自分も旅をしたような気持ち
    になれたり、いつかこの国を訪ねてみたいと思ったり・・・。
    特にイタリアのクリスマスの画像は大好きでした。

    そう言っていただけるとこれまた本当に嬉しい!
    そんなふうに見ていてくださる方がいるのに「旅立ちます」と身勝手に宣言する私を、
    それでも「自由人」と言ってくださる。
    ありがたいことです。

    >時々辿っては、応援の拍手を送っております^^

    もうこれ以上ない応援の送り言葉です。
    これからもhiro305さんに楽しんでいただけるような記事や写真をたくさんアップできるといいんだけれど(いや、がんばります)。

    どうぞhiro305さんもずっとずっとお元気でいてくださいね。

    ではまた!

  5. Ciao~!

    ヴァイちゃんには旅が似合う。 行ってらっしゃ~い。

    でもヴァイちゃんの部屋のドアプレートは、ここがある限り「旅行中」。
    それがまだここにいる者の希望で、いつでも帰って来て欲しいんだってことも、忘れないでちょーだい。

    dal0044は、ヴァイちゃんがいなければ、そしてサイファさんがいなければスタート出来なかったサイトです。本当に本当にありがとう。

    ヴァイちゃんの責任感の強さに甘え続けていた訳だけど、我々もそうオンブオバケしてられないもんね。な~んちゃって(^^;) サイトのメンテも出来ないのにどうしようと困っているのだけど。「その時はまた泣きつけば、きっと大丈夫~♪」と甘ったれてもいる私であります。(まだ付け込むか)

    ヴァイちゃんの博識、ヴァイちゃんの見識、本当に見事と思う。だけどそれ以上に好きなのは、吹き上げる熱さですね。(この熱さが創作に向いていた頃のお話は、読んでいて溶けそうだった)

    見事な写真と共に、地中海やイスラムの世界を教えてくれるヴァイちゃんのレポートは、本当に素晴らしい。DAMのように、ヴァイちゃんがいなかったら知らなかっただろうという事もいっぱいあって、それに触れられたことに、感謝しています。

    なんかお別れみたいだけど、まあ区切りにお礼言っておこうってことで。

    >アラビア語では Massalam (マッサラーマ)。
    >salam (平和)という意味が込められています。

    そうか。 マッサラーマには平和という意味があるのね。

    日本には「お平らに」という言い方がある。
    似ているようで、意味的に違うようで、でもひょっとしたら似ているのかもしれない。

    いってらっしゃい 熱く吹き上げつつ お平らに。 

  6. ボニちゃん、

    >でもヴァイちゃんの部屋のドアプレートは、ここがある限り「旅行中」。
    それがまだここにいる者の希望で、いつでも帰って来て欲しいんだってことも、忘れないでちょーだい。

    ありがとう。忘れないよ、もちろん。
    やっぱりここは大事な古巣で、みんな大事なともだちだもん。

    >我々もそうオンブオバケしてられないもんね。な~んちゃって(^^;) 

    >「その時はまた泣きつけば、きっと大丈夫~♪」と甘ったれてもいる私であります。(まだ付け込むか)

    そうそう、その調子で気軽にやって、気軽に連絡ください。メンテといってもWPは通常ワンクリックで更新するだけ。大きな仕様変更がなければそうは問題ないと思うよ。

    本当はもっとシンプルな構成にしとけばよかったんだけど、たまたま私がこういうことが好きだったので(時に強引に)引っ張ってきちゃった。でも、複雑にするのは大変だけど、シンプルにするのは楽だから、そのうち大変になったらやりやすいように修正すればいい。

    >だけどそれ以上に好きなのは、吹き上げる熱さですね。(この熱さが創作に向いていた頃のお話は、読んでいて溶けそうだった)

    いや~~、そう言ってもらうとナンというか、うれしいようなくすぐったいような。本人書いた傍から忘れていたりするので。

    >DAMのように、ヴァイちゃんがいなかったら知らなかっただろうという事もいっぱいあって、それに触れられたことに、感謝しています。

    あれはうっかりしてたら知らぬ間に巻き込まれてた、って感じじゃなかったのかな。でも時には巻き込まれてみるのもいいでしょ? そういうときに構えずにすっと巻き込まれるのも能力の内かもしれない。巻き込む側も深い意味もなく、一人より二人がいいなあ、くらいのかんじだったし。

    それに、DAMというパレスチナ初のラップグループのメッセージは、とても政治性が高いものだけれど、それが身体が自然に反応する詩や音楽や映像になっているのが、言葉に拘って書いたり読んだりしている私たちに素直に届いたんだろうね。

    >日本には「お平らに」という言い方がある。
    似ているようで、意味的に違うようで、でもひょっとしたら似ているのかもしれない。

    そうだね、ボニちゃんがよく使うこの言葉、同じ意味合いが込められているよね。
    世の中も、私たちの暮らしも、そして心の中も、いつも平らかにありたいものです。

    ということで、私も区切りとして、

    ボニちゃんもみんなもDalも、お平らに。
    で、行ってきま~す。

  7. う〜ん、お別れを言わなければ「お別れ」しないで済む。
    と言うわけじゃないのはわかってるのに、お別れを言うのが辛くて。
    わたしは別に、dalが「恋愛小説サイト」だとは思ってなくて、
    「玄関」(=HOME)と「居間」(「おしゃべり広場」「アルバム」)が共有で
    個々の寝室(「創作・評論部屋」)がある、集合住宅だと思ってる。
    個々の寝室に何を入れようと、それは個人の自由で、
    玄関や居間に行って交流を楽しむことも、寝室に入って、
    しまってある本を取り出すのも自由、と。

    こういう形態がwebでは、とても珍しいってことも後で知ったし、
    なぜ珍しいかも、運営側にいると少しわかった。

    vaiちゃんはこの集合住宅の骨組みを作ってくれて、
    その後、あちこち破綻した部分を「工事」し、「取り替え」て
    メンテナンスにすごく力を割いてくれたの。
    この努力がなかったら、今、このサイト自体がないわけで、
    本当に感謝しています。
    vaiちゃん自身の投稿もすごく楽しい。
    創作も旅日記も、本や映画の評論も、あいさつも熱い議論も。
    本当にすごく好きだったし、今も好きだよ。
    だから、部屋も連絡先も置いてって欲しい、と言ったの。
    ボニさんが言ったみたいに「旅行中」だと思いたい。

    時間とエネルギーには限りがある。
    ひしひしとそれは、私も感じる。
    やりたいこと、興味あること、を全部やりきる時間が無限にはないなら、
    優先順位をつけ、自分がどうしてもやりたいことに集中していくべきだと。
    100%同感します。
    何をやりたい、は、どう生きたいか、だと思うから。

    うう、でも時々、寄ってくれ〜!
    vaiちゃんの感じて来た風を少しでも、ここに送ってくれたら、
    すごくうれしいから。
    (お別れの言えないわたし)

  8. Annaちゃん、

    コメントありがとう。

    >わたしは別に、dalが「恋愛小説サイト」だとは思ってなくて、
    「玄関」(=HOME)と「居間」(「おしゃべり広場」「アルバム」)が共有で
    個々の寝室(「創作・評論部屋」)がある、集合住宅だと思ってる。
    個々の寝室に何を入れようと、それは個人の自由で、
    玄関や居間に行って交流を楽しむことも、寝室に入って、
    しまってある本を取り出すのも自由、と。

    前からAnnaちゃん同じことを言ってたよね。
    私も概ね同じ意見だし、皆も基本的には同じだと思う。
    でも、だけどね…というところはやっぱりあって、それもまた色々話してきたよね。

    だからこそ「100%同感します。」と言ってくれるのだと、
    ありがたく思っているよ。

    サイトの技術的なことに関しては、私でなくとも、外注するとか、既存ブログサービスを利用するとか、
    いなきゃいないなりに何とかなったんじゃないかと思います。
    たまたま、ということで。
    でも、おかげで私も随分勉強させてもらったし、楽しませてもらいました。

    >vaiちゃん自身の投稿もすごく楽しい。
    創作も旅日記も、本や映画の評論も、あいさつも熱い議論も。
    本当にすごく好きだったし、今も好きだよ。

    ありがとう。ありがとう。
    Annaちゃんはいつもまっすぐ反応してくれたよね。
    そういう仲間がいてくれるのが本当に心強かったです。

    >だから、部屋も連絡先も置いてって欲しい、と言ったの。
    ボニさんが言ったみたいに「旅行中」だと思いたい。

    >お別れを言うのが辛くて。

    うん、言わなくていいです。
    別れだと思わなくていいです。
    「旅立つ」といってもそんな遠くに行くわけじゃない。
    たまに変なとこに行ったりもするけど、行きっぱなしになるわけでもない。
    これまでと同じようにすぐそこにいるわけだから。
    で、気が向いた時は私んとこにも遊びに来てね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*